指輪のお手入れについて

婦人

汚れが発生する原因

宝石のまわりにゴミが溜まってしまいやすいデザインがあります。また、ダイヤモンドの特徴として油を内部に取り込んでしまうということがあります。そのため皮脂やクリームといったものがダイヤモンドの中に染み込んで、輝きが失われてしまうことがあるのです。

傷が付いてしまう原因

指輪に傷がついてしまう原因として、固い物にぶつかってしまうことで傷が付いてしまうことが多くあります。特に指輪が鉄などの硬い金属に当たってしまうことで傷は簡単についてしまうものなのです。

おすすめのクリーニング方法

宝石が付いている場合は注意が必要ですが、浸け置きを行うことをおススメします。
用意するものはお湯の入ったコップ、中性洗剤、乾いたタオルです。
・お湯の入ったコップの中に中性洗剤を入れ、指輪を水に浸しましょう。
・指輪を入れて2、3分経ったら指輪を取り出し、水で洗浄してください。
以上の方法で、指輪の表面の汚れを落とすことができます。ただ、宝石の種類によってこの方法でトラブルが発生することがあるため、よく確認してから行うようにしましょう。

表面を磨く

研磨剤を用いて指輪を磨くと言う方法があります。用意するものは研磨剤とクロスです。方法としては、クロスに研磨剤を少量つけ、指輪をこするという簡単な内容となります。表面に細かい傷が無くなってきたら指輪を水で洗浄し、良く拭きましょう。

くすんできていませんか?

指輪は毎日身につけていることによって、汚れが発生したり傷が付いたりしてしまうものです。購入したとき輝きが損なわれてしまうと、指輪の魅力も半減してしまいますよね。指輪はお手入れを行うことによって、その輝きを取り戻すことができるかもしれません。

広告募集中